避妊薬は体温で判断する避妊法のような避妊失敗

初潮を迎えた女性は、男性と性交渉を行えば、妊娠し子供を産める準備はもう整っているので、子供を作ることを望んでいないのであれば、避妊は必ず行わなければならない問題です。しかし、日本の女性は、先進国の中でも諸外国の女性と比較して、避妊については非常に消極的で、避妊薬を服用して自ら対策を取る習慣をつけている方はまだまだ少なく、男性の中にも、避妊薬を服用している女性は遊んでいる、軽いなどという間違った考えを持っている方も少なくありません。これはあまりにも馬鹿げた認識で、避妊薬を使っている女性ほど、自身の身体を真剣に考えているという証拠で、避妊失敗によって望まない選択をするリスクを格段に減らしているのです。昔ながらの基礎体温を計るオギノ式は、生理がきっちり安定している人や、基礎体温をつける習慣が長く続いている場合にのみ有効ですが、それでも避妊失敗を避けられる確率は、避妊薬のピルには及びません。毎朝基礎体温を計り、グラフにし、そのグラフを的確に読み取る知識が備わってこそ妊娠の危険性を回避できるものであって、これは婦人科医であってもなかなか難しいものです。今現存するものの中で、確実に避妊失敗という恐怖を避けられるものとしては、女性が服用する避妊薬が一番で、毎日きちんと飲み忘れなく服用できていれば、ほぼ百パーセントに近い確率で妊娠を避けられます。これは、ピルを服用していると、女性の身体は擬似妊娠の状態になるからで、妊娠中は妊娠しないということは、だれもが知る当然のことで、もちろん排卵もしません。擬似妊娠の状態にあるため、ピルを服用すると太りやすいといわれるのも、妊娠中には食欲が増し栄養を取りこもうと体が勝手に働くからなので、ピルを服用して太りたくないなら、必要以上に食べないように気をつければよいということです。

ページトップへ